不動産売却の流れ~売ることを決めてから引き渡しまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不動産売却の流れ~売ることを決めてから引き渡しまで

家族構成やライフスタイルの変化、相続など、不動産を売却する理由はさまざまです。初めて経験する方も多く、何から始めたらいいのか戸惑ってしまいますね。まずは不動産売却を決めたときから、引き渡しまでの流れを確認しておきましょう。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,300社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. 相場を調べる

不動産売却で一番気になるのは「売却価格」でしょう。同じ地域であったとしても、前面道路の状況、土地の形、面積、方位、間取り等、物件ごとの要素に加えて、いつ取引するかによっても価格が異なってきます。最終的には売主と買主との合意により売却価格が決まります。詳細な価格は個別に判断されることになるため、まずは売りたい物件がどれくらいの価格で売れるといった情報を集めてみましょう。下記のようなサイトで相場を調べることができます。

1-1. 国土交通省 土地総合情報システム

不動産の取引価格、地価工事・都道府県地価調査の価格が見られます。
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

1-2. 指定流通機構「不動産情取引報提供サイト」

成約価格をもとにした取引情報を検索することができます。
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

1-3. HOME4Uの周辺売り出し事例

HOME4Uでは「周辺の売り出し事例」で相場を調べることができますので、参考にしてください。
https://www.home4u.jp/sell/price_search/

2. 一括査定を依頼する

複数社に査定依頼をして、査定価格やサービスを比較しよう!

不動産売却では、だいたいの金額を把握したところで、次は売却物件がいくらになるか不動産会社に査定を依頼してみましょう。査定方法は、簡易(机上)査定と訪問査定の2種類。簡易査定は物件の所在地や面積、築年数などの情報をもとに算出する方法です。年に一度発表される公示価格などの情報に基づいた概算の価格になります。訪問査定は、簡易査定のデータに加えて物件そのものをチェックするため、より正確に分かるのが特徴です。売却することを決めていて、なるべく詳細な価格が知りたいという場合は、最初から訪問査定を選ぶほうがいいでしょう。

査定費用は一般的に無料です。できれば3~4社程度に査定依頼をして、金額の違いやサービスを比較します。不動産会社の得意分野を見極め、大手だけでなく地元に強い中小の会社なども調べてみましょう。インターネット上で何社かを一括査定できるサービスを使うと便利です。

不動産売却HOME4U

HOME4Uの一括査定サービスなら、大手企業から地域密着型の企業まで全国約1000社の優良企業から、最大6社にまとめて査定が依頼できます。メールで査定価格を取り寄せることもできますので、お忙しい方にもぴったり。ぜひご活用くださいね。

HOME4Uの一括査定はこちらから

査定依頼をするときの比較ポイントや気をつけることはこちら

3. 不動産会社が物件調査をする

訪問査定を依頼すると、不動産会社の担当者に物件を見てもらうことになります。実際の物件状態、周辺環境、管理状態などを細かく確認。マンションの場合は、専有部分に加えて共用部分の構造や設備の状況、管理状態もチェックします。このほか、役所や法務局などに出向いての調査も実施されます。日当たりや眺望といったメリットに加えて、近くに臭いを発する工場があるなど、デメリットになりそうな部分もあらかじめ伝えて、より正確な査定価格を出してもらうようにしましょう。

査定価格は3カ月以内におおむね売却できる金額が算出されます。複数社に査定依頼をすると、それぞれ金額が異なると思いますので、算出の根拠をきちんと聞いておきたいものです。なお、訪問査定をご近所に知られたくない場合、あらかじめ担当者に伝えておきましょう。

4. 不動産会社と媒介契約を結ぶ

査定金額を出してもらった会社の中から、対応状況や営業担当者との相性などをもとに信頼して任せられそうかを判断し、仲介を依頼する会社を選びます。売却時期や希望価格、活動方法についての説明を受け、3種類の媒介契約の中から選び契約を取り交わします。媒介契約の3種類には、売却を1社のみに依頼する「専属専任媒介」、「専任媒介」や、複数の会社に売却依頼ができる「一般媒介」があり、基本的には売主側が自由に選べます。仲介手数料をはじめ、売却時に必要な費用についても確認しておきましょう。

3種類の媒介契約、それぞれのメリット、デメリットの詳細はこちら

5. 売却活動をする

媒介契約の内容に基づき、不動産会社が売却のための営業活動をスタート。社内外のサイトや広告、レインズ(不動産流通機構が運営するネットワークシステム)に物件を掲載します。さらに自社で登録している購入希望者へ情報発信を行い、買い手を見つけるための活動を行いますが、契約内容によって状況報告を受ける頻度も異なります。報告を受けるともに内覧などにも対応しましょう。

内覧希望者があらわれたら、よい状態で物件見学してもらえるように準備することが大切です。清掃、整理整頓をするのはもちろん、明るいイメージの空間になるように心がけます。売主自身も清潔感のある身だしなみをして、質問には笑顔で丁寧に答え、買い物施設など生活するうえでの便利情報も伝えられると好印象でしょう。

内覧者を迎えるときのポイントはこちら

購入希望者と金額や入居時期等、条件が折り合わないときは不動産会社と相談しながら、ムリのないよう交渉することが大切です。また、なかなか売却できないときは、活動を見直す必要があるかもしれません。価格設定は適切か、有効な広告活動がされているかなど、いろんな角度から見直しをします。場合によっては値下げするということになるかもしれませんが柔軟に対応しましょう。

6. 買主と売買契約を結ぶ

物件の売主と買主が条件や価格で合意に至った場合に「売買契約」を結びます。契約に先立って、宅地建物取引士が重要事項説明を行い、売主と買主両方が納得したうえで契約書に署名・捺印し契約が成立します。契約内容に違反すると、違約金が必要になる場合もあるため、事前に物件の現状をきちんと伝えておきましょう。

6-1. 売買契約時に必要なもの

  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)
  • 契約印紙代
  • 本人確認書類
  • 仲介手数料の半金(税別)
  • 設備表
  • 物件状況報告書
  • 固定資産税納税通知書
  • 建築確認済証 など。

不動産売却にかかる諸費用はこちら

7. 買主に引き渡しを行う

売買契約を結び代金の決済が終わったら、物件の引き渡しを行うことになります。所有権移転手続に加えて、住宅ローンがある場合は解約や抵当権の抹消手続も行う必要があります。手続方法は不動産会社へそのつど確認しておくと安心です。買主へ鍵を渡す前には、公共料金の精算を済ませておきます。また、建築確認書類や住宅設備の資料等があれば引き渡し時に渡せるよう準備しておきましょう。

抵当権抹消の方法はこちら

不動産売却の流れと方法については、いかがでしたか?
不動産売却をするときには、いくらで売れるのか、どこに査定を依頼するか考えるものです。会社によって金額が大きく変わったりサービス内容が異なったりするので、いくつかの会社に一度相談してみましょう!「HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて無料相談できるので、査定額や不動産会社の知識を比較することができますよ!

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定