不動産一括査定サイトとは?HOME4Uの利用がベストな5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産を売却するときに、不動産一括査定サイトを利用する方は多いです。

しかし、どのようなサービスを提供してくれるサイトなのか分からず、数多くある中からどう選んで利用すればいいか迷っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、不動産一括査定サイトの仕組みや、査定時に知っておくべきことを解説します。

不動産売却で失敗しないためにも、ぜひベストな不動産一括査定サイトに出会い、上手に活用して売却活動の第一歩を踏み出せるようにしてください。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,300社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. 不動産一括査定サイトの仕組み

まずは、不動産一括査定サイトの仕組みに関して、以下の点を知っておくとよいでしょう。

  • 不動産一括査定サイトとは?
  • 査定額とは?
  • 机上査定と訪問査定の違い
  • 複数の不動産会社を比較する理由

それぞれ詳しく見ていきます。

1-1. 不動産一括査定サイトとは?

不動産一括査定サイトとは、インターネット上で査定したい不動産の情報を入力するだけで、無料でまとめて複数の不動産会社に査定依頼できるサイトのことです。

不動産を売却するときには不動産会社と媒介契約を結んで、その不動産会社に自分の不動産の「仲介」を依頼するのが一般的な流れですが、その不動産会社が信頼できるかどうか、そもそも売却をきちんと進めてくれるかなどを精査せずいきなり媒介契約を結ぶのはかなりリスキーです。

まずは不動産会社に査定依頼をしてから媒介契約を結ぶかどうかの判断を進めますが、1社のみに査定を依頼するのも考え物です。

不動産会社には、それぞれ強みがあり、なかには売却はあまり手掛けず賃貸をメインにしている会社も少なくありません。
また、戸建てやマンション、土地や賃貸物件などの物件種別やエリアにも得意不得意があるものです。

どの不動産会社に依頼するかで、売れるスピードや金額にも大きな違いが出てきます。

優良な不動産会社を選定するためには不動産会社を比較する必要があるので、複数の不動産会社に査定依頼するのがベストです。
まずは、複数の不動産会社に査定を依頼し、複数の査定結果とその根拠について話をじっくり聞いてみることをお勧めいたします。

電話や直接会社を訪問しても査定依頼は可能ですが、複数の不動産会社に査定依頼するとなると手間がかかります。

特に、不動産会社の店舗に直接訪問して査定依頼すると、その場で30分~1時間以上話を聞かなければならないケースもあり、時間がかかります。

その点、不動産一括査定サイトであれば、ネット上から簡単にしかもまとめて複数の不動産会社に査定を依頼できるので、手間がかからず楽というメリットがあります。

1-2. 査定額とは?

次に、そもそも査定額とは何か?という点を解説します。
不動産価格には以下のような種類があり、それぞれの違いを認識しておかないと、自分の不動産の売却価格を見誤ってしまう可能性があります。

  • 査定価格
  • 売り出し価格
  • 売却価格(成約価格)

査定価格とは「おおむね3カ月以内に売却できる価格」で、不動産会社が相場やその他のデータなどから独自に算出した金額です。

査定価格を基に、広告などに表記して実際に売りに出す金額である「売り出し価格」を決めます。

売り出し価格をいくらにするかは売主の自由ですが、適正な価格に設定するかどうかが売却の成功を左右します。
一般的には、売り出し価格は値引きを考慮して査定価格より少し高めに設定することが多い傾向にあります。

ただし、査定価格はあくまで「恐らく売れるであろう」価格なので、実際に売れた金額である「成約価格」が査定価格以下になることもある点には注意してください。

そのため、不動産一括査定サイトで査定価格を算出してもらうときは、その価格で絶対に売れるのではなく、あくまで目安の価格として認識してください。

不動産一括査定サイトで査定依頼する前に、上記3種類の価格の違いは知っておいてください。

1-3. 机上査定と訪問査定の違い

査定には机上査定と訪問査定の2種類があり、それぞれ査定方法が異なります。
不動産一括査定サイトで査定依頼する前に、この2つの査定方法の違いを理解しておいてください。

(1) 机上査定とは

机上査定とは、読んで字のごとく「机の上で査定価格を算出すること」です。
机上査定額を算出する方法は、まず不動産会社の営業担当者が「REINS」(不動産会社しか閲覧できないネットワークシステム)などで、査定価格を算出したいエリアの成約事例を検索します。

そして、その成約事例や自社の過去の同様な物件の売却実績などを参考に、査定したい不動産ならいくらで売れるか?という概算金額を算出するという流れです。

また、補足として「REINS」の情報以外でも、登記情報等からも査定価格を算出することもあります。

(2) 訪問査定とは

机上査定の次は訪問査定に移ります。
ちなみに、机上査定をせずに、いきなり訪問査定することも可能ですが、一般的には机上査定をした後に訪問査定するという流れです。

訪問査定とは、物件に「訪問」して査定することであり、訪問後に算出した価格が正式な査定価格になります。

机上査定から訪問査定で価格が大きく変わるケースも少なくありません。
より正確な査定価格を知りたい場合には、机上査定はせずに訪問査定を依頼することをお勧めします。

不動産会社の営業担当者は訪問査定で以下のような部分をチェックします。

  • その物件のアピールポイントは何か?
  • 室内は劣化していないか?
  • 外観は劣化していないか?
  • 設備に故障や損傷はないか?
  • 地図では分からない嫌悪施設が周辺にないか?

例えば、メンテナンスが適切に行われてきた物件であったり、周辺環境の変化で需要が高くなっているなどのエリアに精通していないとわからない条件などが評価されれば、机上査定よりも訪問査定の方が高い査定価格が出される可能性もあります。

逆に、築年数の割に室内が劣化していたり、外観部分の損傷が激しかったりすると、価格は下がる可能性があります。

このように、実際に物件をチェックしてから査定金額を算出するので、机上査定よりも訪問査定の方が実際の売却価格に近い査定金額を算出できます。

1-4. 複数の不動産会社を比較する理由

不動産一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社にまとめて机上査定や訪問査定を依頼できます。

では、この章の最後に、そもそも複数の不動産会社を比較するのはなぜか?という点について、その理由である以下2点を改めてまとめます。

  • 査定価格は複数比較することで相場がわかる
  • 1社のみで決めるのは危険

査定価格は、上述のように成約事例などを参考に不動産会社の営業マンが独自に算出する価格です。
そのため、不動産会社によって査定価格が異なってくるのです。査定価格には、数百万円も開きが出ることもあります。

だからこそ複数の不動産会社に査定依頼をして、査定価格を比較することで「適切な査定かどうか」を判断する必要があります。
言い換えると、1社のみに査定依頼して適正な査定価格を判断するのは危険ともいえます。

場合によっては、本当は高く売れたかもしれない物件を安く売ってしまったという失敗も、複数の査定価格の比較をすることで避けることができるでしょう。

ただし、査定価格は「価格の高さ」ではなく「価格の根拠」が重要です。
査定価格を参考に売り出し価格も高く設定したところで半年以上売れないとなっては意味がありません。

なぜその査定結果になったのか必ずその不動産会社に確認して、納得できる説明を受けられれば勝算ありと判断することができるでしょう。
この点の詳細は「3-2. 査定価格の根拠を見極める」で解説します。

2. 不動産一括査定サイト「HOME4U」の特徴

不動産売却HOME4U

前項までで、不動産一括査定サイトの仕組みや、机上査定・訪問査定の違いなどが分かったと思います。

次は、不動産一括査定サイトの中でも「不動産売却 HOME4U (ホームフォーユー)」をぜひご利用いただきたい理由である、以下の5点について解説します。

  • 大手・優企業約1,300社を厳選している
  • 大手から地元密着企業まで、幅広い不動産会社が参画している
  • 選択した不動産会社以外からの連絡はない
  • 直接電話で相談することができる
  • NTTデータグループが運営している安心感

2-1. 参画企業約1,300社を厳選している

1つ目の特徴は、「不動産売却 HOME4U」に参画している企業は1,300社を超えている点です。
この数は、不動産一括査定サイトの中でもトップクラスです。

参画企業数が多いメリットは、自分の不動産を査定できる不動産会社が、抜け漏れなくピックアップできるという点です。

そもそも、HOME4Uをはじめとして不動産一括査定サイトは、そのサイトに参画している不動産会社にしか査定依頼できません。
つまり、参画している企業数が少ないということは、それだけ査定依頼できる不動産会社の種類も少なくなるということです。

例えば、本来は5社の不動産会社に査定依頼できる物件だったとしても、参画している企業数が少ないことで3社にしか査定依頼できなかった場合は、残り2社と出会うチャンスすらなくなります。

仮に、その2社が自分の売ろうとしている不動産と相性が良い不動産会社であれば、時間をかけずに高い価格で不動産を売却できるチャンスを逃してしまいます。

その点、HOME4Uは参画企業数が1,300社を超えているため、このようなデメリットを受けにくいのも特徴といえます。

2-2. いろいろな種類の不動産会社が参画している

2つ目の特徴は、いろいろな種類の不動産会社が参画しているという点です。以下のメリットが挙げられます。

  • それぞれ特徴が異なる
  • 自分に合った不動産会社を見極められる

(1) それぞれ特徴が異なる

仲介を行う不動産会社は、大きく分けて「大手の不動産会社」と「地元に密着している不動産会社」の2種類あります。

大手の不動産会社には大手の強みがあり、地元密着型の不動産会社には地元密着型ならではの強みがあるので、両方の不動産会社に査定依頼した方が良いです。

例えば、大手の不動産会社はテレビCMなどを展開していることでネームバリューが高く、「取りあえず○○社(大手)で物件を探すか…」という方も多いです。また、店舗数も多いため集客力があります。

一方、地元密着型の不動産会社は、大手にはない独自のルートで集客することが可能です。

このように、大手と地元密着型は強みがそれぞれ異なるため、両方の不動産会社に査定依頼した方が良いのです。
不動産売却 HOME4U」なら、そもそも参画企業が多い上に豊富な種類の不動産会社が選べるので、「両方の不動産会社」への査定依頼が可能です。

(2) 自分に合った不動産会社を見極められる

前項のように、大手と地元密着でも強みは異なりますが、それ以外にも不動産会社ごとに強み・弱みは異なります。
例えば、「○○区での売却実績が豊富なので○○区の不動産売却には強い」不動産会社もあれば、逆に「築古の戸建の売却実績は少ないので苦手」などの不動産会社もあります。

つまり、自分の不動産の売却と相性の良い不動産会社もあれば、相性が悪い不動産会社もあるということです。
相性の良い不動産会社を見つけるためには、やはり、HOME4Uを利用して複数の不動産会社に査定依頼するべきでしょう。

2-3. 選択した不動産会社以外からの連絡はない

3つ目の特徴は、査定依頼した不動産会社以外からの連絡はないという点です。

不動産売却 HOME4U」は、あくまで「査定依頼可能な不動産会社」を探し、その中で「自分が選択した不動産会社にのみ」査定依頼できるというサービスです。

そのため、仮に査定依頼できる不動産会社が最大6社ピックアップされたとしても、その中の5社のみに査定依頼するといった選択も可能です。

なお上記の場合、査定依頼した5社以外からの連絡はありません。
ネット上から査定依頼することで、不特定多数の不動産会社から連絡が来るのでは?と懸念される方もいますが、HOME4Uを利用すればそのようなことはないのでご安心ください。

2-4. 直接電話で相談することができる

4つ目の特徴は、直接電話で相談することもできる点です。

不動産売却 HOME4U」は独自に「無料電話相談窓口」を用意しており、このようなサービスは不動産一括査定サイトの中でも非常に珍しいサービスです。
電話サービスがあると以下のようなメリットがあります。

  • 操作方法が分からないときに聞ける
  • オペレーターに代行してもらうことも可能
  • その他疑問に思ったことを聞ける

このように、基本はネットを利用したサービスではあるものの、きちんと「人」がフォローしてくれる点は大きなメリットといえます。

2-5. NTTデータグループが運営している安心感

そして、最後にご紹介するのは、安心感という特徴です。「不動産売却 HOME4U」は、官公庁などのデータを扱う信頼と実績のあるNTTデータグループが運営しています。

不動産一括査定サイトを利用する方が不安に思うこととして、ネット上で個人情報を入力することによる「個人情報の漏えい」があります。個人情報が漏えいしてしまうと、知らない会社から電話がかかってきたりメールがきたりと、デメリットしかありません。

HOME4Uの運営元である株式会社NTTデータスマートソーシングは、プライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークは、個人情報について適切な保護処置を講ずる体制を整備しているという証なので、HOME4Uの利用者は安心して査定依頼することができます。

3. 一括査定サイトを活用して不動産の売却を成功させるポイント

最後に、一括査定サイトを賢く利用して優良な不動産会社を選び、不動産の売却を成功させるためのポイント3点を解説します。

  • なるべくいろいろな強みを持つ不動産会社に査定を依頼する
  • 査定結果が出たら、査定価格の根拠を必ず確認する
  • スピーディーに媒介契約を締結する

3-1. なるべくいろいろな強みを持つ不動産会社に査定を依頼する

まずは、なるべくいろいろな種類の不動産会社に査定を依頼することが大切です。

不動産売却 HOME4U」は参画企業が多く、全国的にも名前を知られている大手企業はもちろん、地元密着型の中小企業もとバランスよく揃っています。

できるだけたくさんの不動産会社にまとめて査定を依頼することで、自分の物件と相性の良い不動産会社と出会いやすくなります。

仮に、大手だけ、地元密着型だけと絞って査定依頼してしまうと、強みの似た不動産会社ばかりになってしまい、会社ごとの違いが分かりにくく、判断しにくくなります。

3-2. 査定結果が出たら、査定価格の根拠を必ず確認する

次に、査定価格の根拠を見極めることも忘れないようにしてください。
査定価格の根拠が信頼できるほど、その査定価格で売却できる可能性は高まります。

例えば、ある不動産会社に「先月同じエリアで売却した実績」があれば、その不動産会社の査定価格が高くても信頼できます。

一方、別の不動産会社も査定価格が他社より高いとします。
しかし、その査定価格に根拠がなければ、結局はその価格で売れない可能性は高いです。

そのためには、不動産会社の担当者に、なぜその査定価格になったのかを必ず確認してください。
その際、疑問や不安に思ったことを聞いてみると、不動産会社やその担当者の技量も測ることができるでしょう。

査定価格が適正かどうかを知ることが優良な不動産会社を選定することにつながります。
その「見極め」のために、複数の不動産会社に査定依頼する必要があることが改めて理解いただけたかと思います。

3-3. スピーディーに媒介契約を締結する

査定結果をもとに不動産会社を決め、スピーディーに媒介契約を締結することも重要です。

媒介契約とは、不動産会社へ正式に物件の仲介を依頼する契約のことです。
なぜスピーディーに媒介契約を結ぶ必要があるかというと、競合環境はどんどん変わっていくからです。

例えば、近くに同じような物件が安く売り出されれば、その物件に連動して売りに出したい物件の価格も下がります。
もちろん、その逆もあり得る話ではありますが、その見極めは誰にもできません。

査定結果は、その時点での「おおむね3カ月以内に売却できる価格」です。
その査定結果に納得し「今」が売り時と判断したのであれば、今すぐ売却するのがベストな選択といえます。

そのために、スピーディーに媒介契約を結び、早めに売却活動を行ってください。

まとめ

この記事で、「机上査定と訪問査定の違い」「HOME4Uを利用するメリット」「HOME4Uを利用して不動産を売却させるポイント」がおわかりいただけたかと思います。

特に、不動産一括査定である「不動産売却 HOME4U」を利用することで、複数の不動産会社から出た査定金額の根拠を見比べ、信頼できる不動産会社を選定することは不動産売却を成功させるために重要なことといえます。

より高く・より早く不動産売却を成功させられるよう、ぜひ、不動産一括査定サイトを賢くご利用ください。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定