不動産査定をネットで依頼するなら押さえておくべきポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産を売却しようと思ったとき、昭和や平成の時代なら、「とりあえず近所の不動産会社に行ってみようかな」という人が多かったと思います。

ところが最近では、インターネットを賢く利用して、相場を調べたり査定を依頼することが主流になってきています。

不動産を高くスムーズに売るためのカギを握るのは、「不動産会社選び」とも言われていますが、その「不動産会社選び」を誰でも手間なく成功させるツールが、インターネットを使った不動産査定サービスです。

この記事では、インターネットを使った査定方法と、今すぐ相場を調べる方法について解説します

ぜひ最後までお読みいただき、不動産の高値売却を実現させてください。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,300社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. いくらで売れる?「相場」と「査定額」を調べる方法

相場」と「査定額」は、どちらも不動産の価格を示すものです。
似たような金額をイメージする方も多いかもしれませんが、どう違うのでしょうか?

「相場」というのは、そのエリアの不動産がおおまかにどれくらいで取引されているか示したもの。
相場は、「1坪あたり50~60万円くらい」といった幅のある感覚です。
「数年後に売るかもしれないな」といった漠然とした段階なら、相場を調べておけば十分でしょう。

「査定」は、不動産会社がその不動産についてしっかり見極めて、売買価格を予測したもので、査定方法にもよりますが、結果が出るまで数日かかることがほとんどです。

誤解されることも多いのですが、提示された査定額で、その不動産会社が買ってくれるわけではありません。

「うちの会社で仲介すれば、そのくらいの値段で買う人が見つかると思います」という予想価格なので、不動産会社によって見解は異なりますし、必ずしもその値段で売れるとは限らないことに注意しましょう。

すぐに売却する予定がある場合にも、まずは自分なりに「相場」を押さえた上で不動産会社の「査定」を受けることをおすすめします

事前に相場をつかんでおくことで、不動産会社による査定結果が適正か判断できるので、不動産会社選びの指標にもなるでしょう。そして、査定結果に納得した上で売却手続きを進めることができます。

それでは、これから相場と査定額の調べ方についてそれぞれ解説していきます。

1-1. 売却の予定があり、正確な査定額を知りたい場合

おおむね1年以内に不動産の売却を予定していて、正確な査定額を知りたい場合には、インターネットの査定サービスが便利です。

「ネットの査定なんて信頼できるの?」と思うかもしれませんが、不動産会社に行って査定を依頼するのと信頼度は同じです。

インターネットの力を借りて、不動産会社を選び出し、簡単にまとめて査定を依頼できるので、面倒な手間を省くことができるという点が、不動産会社に直接出向く場合とまず異なります。

ネットを使わずに査定を依頼する場合、地域に精通した不動産会社を自分で選び出すのは、かなり時間がかかりますし、良心的な会社を確実に見つけられるとは限りません。それを解決してくれるのが、インターネットの査定サービスです。

なかでも、「不動産売却 HOME4U (ホームフォーユー)」には、厳正な審査を通過した優良な不動産会社だけが参加している安心感があります。

不動産売却HOME4U

HOME4Uでは、所在地や大まかな面積などを入力するだけで、エリアと物件タイプに応じた最適な複数の不動産会社を選び出し、まとめて査定を依頼できます。

なお、電話で査定依頼することも可能です。入力が面倒な方はもちろん、不動産売却の相談も受け付けているので、疑問に感じていることを解決してから査定を依頼することができます

HOME4Uで訪問査定」を依頼すると、担当者が訪問し、現地をしっかり確認した上で精緻に査定してくれます
このとき、担当者に売却時期や希望額などを相談することもできます。

査定結果が出たら、最も高く売ってくれそうな不動産会社を選んで、売却を依頼しましょう。

売却するのが1年以上先なら「机上査定」という方法もある

HOME4Uでは、「訪問査定」のほかに、「机上査定(簡易査定)」が選べます。

「机上査定」とは、物件を直接見ず、住所や築年数、面積等のデータのみで査定することです。

現地を見ていないので、厳密な査定額ではありませんが、とりあえず概算を知りたい場合には向いています。

売却が1年以上先なら、まずいくつかの不動産会社の「机上査定」を受け、その結果を見て絞り込んだ数社の「訪問査定」を受けるというのも1つの方法です。

このタイミングで、査定価格を高めに出してくれた不動産会社に決めてしまおうかとつい気持ちが早まってしまうかもしれませんが、性急な判断は禁物です。

「机上査定」では営業担当者に直接会って、査定根拠の説明を受けられないので、査定額だけで絞り込んでしまうと、良心的な会社を振り落としてしまう危険があります。

一番高い査定額を出した会社が最も優秀とは限らないことを念頭に置き、「机上査定」の段階では不動産会社を絞り込みすぎないようにしましょう

また、結局は二度手間になってしまう面もあるので、売却が1年以内なら初めから「訪問査定」を受けて不動産会社を絞り込むことをオススメします。そうすることで売却までのスピードが格段にあがります。

不動産売却塾 コラム “自動査定はできないの?”

「ネット上でコンピューターが自動的に査定してくれないかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが中古車などと違って、不動産には定価がなく、個別性が強いので、ネット上で正確に査定するのは無理があります

例えば、「このエリアなら1坪あたり50~70万円で売りに出ている」などというデータは簡単に手に入るので、機械的に平均して「60万円くらい」と査定するのは簡単です。

そうやって自動的に出した査定額が、たまたま妥当な値段というケースももちろんあるでしょう。
でも、自動的な査定は、いつもうまくいくとは限りません。

まず、誰でも見られる「売り出し価格」は実際の取引価格とは限らず、値引きがあったかもしれません。

さらに、転勤などで急いで安く売り出した物件や、室内の状態が非常に悪くて安かった物件、あるいは逆に、リフォーム済みのため高かった物件など様々な物件がありえます。
住所が近くても土地の形状や建物の状態などの個別性が大きいので、「平均値」を信じてしまうのはキケンです。

大切な不動産を安く売ってしまって後悔しないためには、不動産会社に査定を依頼して精緻な相場を把握することが大切です。

1-2. それほど正確でなくてもいいから、今すぐ相場を知りたい場合

相場の調べ方には様々な方法がありますが、「土地」「一戸建ての建物部分」「マンション」の3つに分けて、簡単で信頼できる相場の調べ方を解説します。

不動産会社の査定を受ける際にも相場観について質問してみると、頼れる不動産会社かどうか判断する手がかりになります。

(1)土地の相場(更地、一戸建ての土地部分)

更地の相場や、一戸建ての土地部分の相場は、「固定資産税評価額」を参考にするのがわかりやすいです。
固定資産税評価額とは、毎年、市区町村から課税される「固定資産税」の基準となる価格のことです。

市区町村から毎年送られてくる固定資産税納付書に記載されている「課税明細書」の「価格」の欄で確認できます。

課税明細書の記載例

出典:東京都主税局「平成31年度 固定資産税・都市計画税 課税明細書

納付書が見当たらないときは、行政の窓口で「固定資産税評価証明書」を取得して調べることも可能です。

「固定資産税評価額」は、実際の取引相場よりも安めで、相場の70%前後となっていることが多いです。

つまり、「固定資産税評価額÷0.7」を計算した額がおおよその取引相場です。
ただし、人気の住宅地や商業地では、相場はさらに5~10%ほど高めになります。

逆に、原則として建物を建てられない「市街化調整区域」などでは、固定資産税評価額と同じくらいの水準で取引されている場合もあります。

不動産会社の査定を受けた際に、「このあたりでは固定資産税評価額より高く取引されていますか」と聞いてみるのもおすすめです。

なお、「固定資産税評価額」は市区町村が決めている評価額なので、この値段で取引しなければいけないと誤解する方もいますが、取引額を縛る制限はありません。

(2)一戸建ての建物部分の相場

一戸建ての相場は、自分で目安を計算してみることができます。
まずは、新築時の建物価格を契約書などで確認するか、平米当たりの単価12~18万円で計算してみましょう。

一戸建ての取引では、築20~25年で建物価格はほとんどゼロに近くなるので、仮に25年でゼロになるものとして計算してみます。

建物の相場=新築価格-新築価格×(築年数÷25)

例えば、新築時の価格が1,500万円、築年数が10年なら、

建物の相場=1,500万円-1,500×(10÷25)=900万円

ということになります。

上記の計算式では25年で建物価格がゼロになるものとして計算しましたが、中古住宅のニーズが多いエリアでは、普通に住める状態の建物なら25年以上でもいくらか値段が付きます。

また、傷み具合や、人気の間取りかどうか、リフォームしているかによっても変わってきます。

不動産会社も同じような考え方で査定するので、「何年で建物価格がゼロになるものとして計算していますか」などと聞いてみるとよいでしょう。

(3)マンションの相場

マンションは、同じ建物や近くのマンションの売り出し物件を調べやすいですが、面積が違うと比較しにくいので「坪単価」を把握しましょう。

「坪(つぼ)」とは、およそ3.3平米の広さのことを指し、「坪単価」とは、物件価格をその広さで割った金額です。

中古住宅 HOME4U」の価格相場比較を見ると、面積ごとの平均価格が一目瞭然で、青いカッコの数字をクリックすると、売り出し中の物件を簡単に見られます。

例えば、同じ建物内で80平米の部屋が2,400万円で売りに出ていたとします。
この部屋の坪単価は、
2,400万円÷80㎡×3.305785=99万円(1坪あたり)です。

あなたのマンションの専有面積が76平米(23坪)だとすると、相場は、
99万円×23坪=約2,280万円
となります。

間取りや階数、方角、角部屋かどうかなどで金額は前後しますが、おおよそを知るには有効な算出方法です。
不動産会社の査定を受けた際には、周辺マンションの坪単価の相場を聞いてみてください。

これまで、不動産を売りたい方と相場を知りたい方向けにインターネットなどを活用して調べる方法をお伝えしてきました。
次の章からは、インターネットの査定を利用したい方向けにメリットをご説明いたします。

2. ネットで査定を依頼するメリットは4つ

ネットで査定依頼する人が増え続けている理由は、どこにあるのでしょうか?

4つのメリットを見ていきましょう。

2-1. 手間がかからず効率的!

ネット査定の一番のメリットは、スキマ時間にパパっとまとめて査定を申し込めること。
簡単な入力をするだけで、最適な不動産会社がマッチングされて、一気に査定依頼できるので効率的です。

いきなり不動産会社のカウンターに座るのはちょっと勇気がいりますし、1件ずつ電話して査定を依頼するのは手間がかかりますが、ネット査定ならそんなストレスもありません。

ネット査定を使わず、「どこの会社に査定を依頼しようかな・・・」と不動産会社のホームページを検索して迷っていると、意外と時間がかかるものです。

ちなみに、売却のタイミングが数週間ずれるだけで、高く売れる機会を逃してしまう可能性もあるので注意しましょう。

2-2. 物件タイプとエリアに応じてコンピューターが即座に最適な不動産会社をマッチング

ネット査定のメリットは、知名度に左右されず、たくさんの不動産会社の中からあなたにとって最適な不動産会社を見つけられることです。

実は、不動産会社には、「マンションが得意」「郊外の一戸建ての取引が多い」「賃貸が専門」といった得意分野や、得意とするエリアが決まっていることをご存知でしょうか?
家から一番近い不動産会社が、売却に向いているとは限りません。

不動産会社は、得意分野については、高く売るための広告の作成ノウハウを持ち、的確な値付けのアドバイスが可能です。

場合によっては、「すぐに買いたい!」と思っている見込み客を抱えていることもあります。

不動産会社の手腕次第で、売れる値段は変わってきます。
しかも1万円2万円ではなく、百万円単位で差が出ることもあります

不動産を高くスムーズに売るためには、あなたの不動産にぴったりで良心的な不動産会社に売却を依頼することが大切です。

HOME4Uは、物件タイプとエリアに応じて、最新システムが最適な複数の不動産会社をご紹介します。

2-3. 査定額を比較しやすい

複数の会社の査定額を簡単に比較できることも、ネット査定の大きなメリットです。

不動産の査定額は、不動産会社の売却予想価格なので、会社によって差があります。
数百万円もの大きな差が出てくることも、決して珍しくありません。

ネットで査定依頼し、一度に複数の査定額を知れば、客観的な適正価格が見えてきます。

適正価格を知っておけば、高すぎる値段で売ろうとして売れ残ったり、安すぎる値段で売って損をする恐れがなくなるので、売却を成功させるためには複数の不動産会社の意見を聞くことが大切です。

2-4. 不動産会社を比較しやすい

最適な不動産会社を選ぶために大切なのが、不動産会社を比較してみること。

ネットで複数の会社に査定依頼すると、査定結果や対応の違いがハッキリするので、自分に合った不動産会社をスムーズに選びやすくなります。

不動産会社も担当者も、十人十色です。

複数の不動産会社の査定を受けると、「査定根拠を丁寧に説明してくれて納得できるか」「専門用語もわかりやすく説明してくれるか」「こちらの話しもしっかり聞いてくれるか」「専門知識が豊富か」「熱意はあるか」といった違いが見極めやすくなります。

しっかり不動産会社を比較して、経験・知識・熱意を兼ね備えた理想の担当者に売却を依頼したいですね。

3. ネット査定の注意点は3つ

大変便利なネットの査定依頼にも、デメリットがあるので、サイト選びには注意しましょう。

3-1. 個人情報の取り扱いが適正かどうかに注意

不動産査定を申し込むには、住所や連絡先などの個人情報を入力しなければなりません。

また、不動産の売却予定があるという情報が、査定を依頼した不動産会社以外に洩れたら困りますね。

インターネットで査定依頼するときには、利用サイトの個人情報保護対策がしっかりされていて、信頼できる運営者かどうかにも注意を払いましょう。

HOME4Uは、官公庁や金融機関の情報処理なども請け負っているNTTデータグループの技術がサイト運営に生かされているため、個人情報保護が万全です。
もちろんプライバシーマークも取得していますので、情報が洩れる心配などはありません。

3-2. 良質な不動産会社と提携しているかどうかに注意

そもそも利用する一括査定サイトに良質な不動産会社が提携していなければ、たくさん査定を受けても良い会社と出会うことはできません

また、大都市に比べると地方都市は登録されている不動産会社が少なく、査定価格を比較できないこともあります。

HOME4Uには、大手不動産会社だけでなく、常に見込み客を抱えているような地元密着型企業まで、様々なタイプの約1,300社が参加しています。
参加企業は厳正に審査され、良質な企業だけが提携しているので、安心して利用できます。

3-3. 熱心に営業される可能性もあることに注意

ネットでまとめて査定を依頼した場合、いくつかの不動産会社を比較していることを不動産会社もわかっているので、熱心に営業されるかもしれません。

ただし、査定を依頼する方法がネットでも、実店舗への訪問でも、不動産会社から営業活動をされるのは同じことです。

不動産会社の実店舗に訪問して査定を依頼した場合、強引な営業を受けたら、直接クレームを入れるのは勇気がいるかもしれません。

でも、ネット査定の場合は、運営会社を通して査定を依頼しているので、直接断ることが苦手な方でも、運営会社に相談できるという安心感があります。

そして、HOME4Uは、運営会社が厳しい審査と定期的なパトロールをしており、悪質な会社を徹底的に排除しているので、安心してご利用いただけます。

まとめ

それではおさらいです。
不動産を売却しようと思ったら、まずは相場を押さえてから、不動産会社の査定を受けると、査定結果に納得した上で売却手続きを進められます。

相場を知るためには、「固定資産税評価額」を参考にする方法や、新築時の価格から計算する方法、売り出し中の物件の坪単価を参考にする方法などがあります。

インターネットで査定を申し込むメリットは次の4つでした。

  • 手間がかからず効率的
  • 物件タイプとエリアに応じて最適な不動産会社が見つかる
  • 不動産会社を比較しやすい
  • 査定額を比較しやすい

ネット査定は、優良な不動産会社と効率よく出会える、新時代のツールであることは間違いありません。

ただし、「個人情報の取り扱いが適正か」「良質な不動産会社と提携しているか」「熱心に営業される可能性もある」という点に注意が必要です。

不動産売却 HOME4U」は厳しい審査を通過した多数の優良企業と提携しているので、効率よく査定依頼し、最適な不動産会社を見つけて、不動産売却を成功させてくださいね。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定