家の無料査定はどこに頼む?注意点と成功させるための攻略ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家を売るための初めの一歩は、不動産会社の査定を受けること。
査定はどの不動産会社でも無料です。

ところが、無料だからといって、軽い気持ちでたまたま目についた会社に査定依頼してしまうのは危険です。

もしかしたら、安すぎる査定額を信じて売却を依頼してしまい、何百万円も損をしてしまうかもしれません。

査定額は不動産会社によって全然違います。
無料だから気軽に受けるのではなく、無料だからこそ、きちんと不動産査定を理解して正しく受けることが大切です。

この記事では、不動産査定の仕組みや注意点、査定で失敗しないための攻略ポイントをしっかり解説していきます。
ぜひ最後までお読みいただき、家の無料査定を攻略して、売却を成功させましょう。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,300社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. 家を高く売りたい!安心・安全な無料査定はどれ?

「不動産査定は本当に無料なの?」と心配に思う方は少なくありません。

なぜ無料なのか、そして、具体的にどうやって不動産査定を依頼すれば失敗せずにすむのか解説していきます。

1-1. 家の査定が無料で受けられる理由は?

家を売却する際の査定は、どこの不動産会社に依頼しても無料です。

無料だから怪しい?信ぴょう性に欠ける?
いいえ、そうではありません。

不動産会社の主な業務は、買主探しなどの売買のサポートをすることですから、まずは自社に売却を依頼してもらわなければ商売になりません。

売却を依頼され、実際に買主が見つかって売買が成立したら、不動産会社は報酬として仲介手数料を受け取ることができます。

気軽に無料で査定を受けてもらうことで、「この値段で売れるなら、この会社で売却しようかな」と売却を依頼してもらうことを不動産会社は期待しています。

つまり、不動産会社は営業の一環として無料で査定を行っているので、売却の予定があるなら私たちは遠慮なく無料査定を利用してかまわないのです。

なお、最近では、インターネットで住所などを入力すると即時に査定額がわかるサイトも登場していますが、機械的な査定方法では間違った値段が出ることもあります。

不動産の価格は常に変動していて、定価がなく、すぐ隣の家であっても同じ値段ではありません。
家を売却するときには、間違った値段を信じて損をしないために、市場を熟知した経験豊富な不動産会社の担当者による査定を受けてください。

査定を依頼するときには、不動産会社を直接訪問して依頼する方法でも、電話やインターネットを通じて依頼する方法でも、査定の精度や信頼性は同じです。

ところが、依頼先によって差が出ることがあるので、この点について次に解説します。

1-2. 無料査定で「まとめて依頼する」のが正解!

不動産会社にはそれぞれ得意分野(賃貸/売買/物件種別など)や得意なエリアがあります。
そのため、どの不動産会社に依頼するかによって、売却できる値段には大きな差が出ます。

実際、いくつかの不動産会社に査定を依頼すると、会社によって判断基準が異なるので、査定額に数百万円もの差が出ることも多いです。

そこで、大切な家を最高値でスムーズに売却したいと思うならば、複数の不動産会社の査定を受けて比較してから不動産会社を選ぶということを心掛けてください

とはいえ、複数の不動産会社の査定を受けると言っても、不動産会社は非常に数が多く、よさそうな不動産会社をピックアップするだけでも大変です。

さらに、1件1件不動産会社を回り、個別に査定を依頼するのはとても手間がかかります。
そこで便利なのが不動産一括査定サービスの「不動産売却 HOME4U (ホームフォーユー)」です。

不動産売却HOME4U

HOME4Uを利用すると、あなたの家の所在地などの基本情報をサイト上で入力するだけで、エリアと物件タイプに応じて最適な複数の会社を選び出し、まとめて複数の会社に査定を依頼できます。

時間もお金もかからず、あなたの物件を得意とする会社と引き合わせてくれます。

HOME4Uのシステムが最適な会社をピックアップしてくれて、その上で査定額を比較すれば、効率的に優良な不動産会社が探せます。

査定依頼は完全に無料ですし、「査定を受けたら必ずその不動産会社に売却を依頼しなければならない」ということはないのでご安心ください。

1-3. 無料査定を利用する時の注意点

無料の不動産一括査定サービスを利用するときには、次の点に注意してください。

  • 多数の良い会社と提携しているかどうかに注意
  • 不動産会社の審査体制に注意
  • 個人情報の取り扱いに注意

それぞれ詳しく見ていきます。

【注意点1】多数の良い会社と提携しているか

一括査定サービスは、提携している不動産会社の中から、売却に適した不動産会社がマッチングされます。

そのため、そもそも多数の良質な不動産会社と提携していなければ、良い不動産会社と出会うことができません。

この点、HOME4Uでは、大手不動産会社から、確かな実績を積み上げている地元密着型の中小企業まで、全国約1,300社と提携しています

この中から、売りたい家のエリアと、マンションか一戸建てかといった物件タイプを考慮して、最適な不動産会社が紹介されるので、自分に合った不動産会社と出会える確率が非常に高くなっています。

【注意点2】不動産会社がしっかり審査されているか

「不動産会社に査定を依頼して、しつこい営業や勧誘をされたら嫌だな」と心配に思う方もいると思います。

インターネットで査定を依頼した場合でも、不動産会社に訪問して査定依頼した場合でも、営業担当者からある程度のアプローチを受けるのは同じです。

でも、HOME4Uを利用すれば、不動産会社に個別に査定依頼するよりも安心して査定を受けることができます。

なぜなら、HOME4Uでは、厳正な審査に通った会社のみと提携しているからです。
悪質な会社を排除するために定期的なパトロールが行われているので、強引な営業活動への抑止効果があります。

【注意点3】個人情報の取り扱いは適切かどうか

正確な査定を依頼するには、どうしても個人情報を入力しなければなりません。
でも、査定を依頼していない企業に情報が漏洩しては困りますね。

インターネットで査定を依頼するときは、個人情報の保護対策が万全かどうかにご注意ください。

HOME4Uなら、金融機関の情報処理も扱っているNTTデータグループの技術がサイト運営に生かされているためセキュリティ対策が万全です。

個人情報を大切に取り扱う事業者の証である「プライバシーマーク」も取得しています。

2. 無料一括査定サービス「HOME4U」の使い方と売却までの流れ

HOME4Uを利用した売却までの流れは次のとおりです。

  • 基本情報を入力すると売却に適した不動産会社がピックアップされる
  • 机上査定か訪問査定か選択する
  • 査定結果を比較する
  • 不動産会社を選んで媒介契約を結ぶ

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1. 基本情報を入力すると売却に適した不動産会社がピックアップされる

売りたい家の基本情報を入力するだけで、あなたの家のタイプやエリアに応じた不動産会社を自動でマッチングしてくれます。

一度に最大6社まとめて査定依頼できます。

この時点で、自分の好みの会社を絞り込むこともできますが、査定結果を比べるためには、最低でも3~4社の査定を受けることをおすすめします。

「良い不動産会社を取りこぼしたくない」と感じる方は、できるだけ多く査定を受けてください。
中には、見込み客(物件を探している顧客)を抱えている不動産会社とタイミング良く出会うことができ、あっというまに売買が成立することもあります。

知名度にとらわれず、大手・中堅・地元密着など、様々なタイプの不動産会社の査定をバランスよく受けることがコツです。

2-2. 机上査定か訪問査定か選択する

HOME4Uでは、現地を見ないで築年数や面積などのデータのみで査定する「机上査定」と、実際に家を見て査定する「訪問査定」が選べます。

売却の予定が1年以上先なら、最初はまず「机上査定」を受けてから不動産会社を絞って「訪問査定」を受けるやり方もあります。

ただし、不動産会社の立場からみると「机上査定」で終わらせたくないので、高めの査定が出ることも多いです。
直接説明を聞いてみないと良い不動産会社は見極めにくいので、机上査定だけで良心的な会社を振り落としてしまわないようにご注意ください。

中古車の買取査定などとは違って、不動産査定は査定額で不動産会社が買ってくれるわけではないので、最高額で査定してくれた会社を選べばいいとは限りません。

概ね一年以内の売却を考えている場合は、「訪問査定」を受けて、営業担当者に直接会って、信頼できる不動産会社かどうか見極めることをおすすめします。

なお、不動産会社選びはできるだけ余裕を持ってスタートすることが大切です。
1年の中で、家の売買が最も多いのが1~3月、次に多いのが9~11月頃なので、余裕をもって不動産会社に相談すれば、売り出しのタイミングを調整することもできます。

また、同じマンション内で似たタイプの住戸が複数売りに出ているときには、売却時期をずらして有利に売却を進めるといった戦略もありえます。

そのためにも、余裕を持ったスケジューリングで不動産会社を選び、売り出しのタイミングを相談することが大切です。

2-3. 査定結果を比較する

査定結果が出たら、査定内容をじっくり比較してみましょう。
ほとんどの場合、不動産会社によって査定額には大きく差が生じます。

でも、金額だけで不動産会社を選ぶのはオススメできません
説明をしっかり聞いて、分からないこと、心配なことはなんでも質問しましょう。

それぞれの不動産会社に同じ質問をしてみると比較しやすくなります。
査定額を算出した根拠や、具体的な販売戦略、売り出しのタイミングなど聞いてみてください。

「A社の方が有名で良いと思っていたけれど、色々質問できるB社のほうが安心だ」というように、価格だけでなく、営業マンとの相性や会社の対応も比較して決めましょう。

2-4. 不動産会社を選んで媒介契約を結ぶ

あなたの家を高く熱心に売ってくれそうな不動産会社を選んで「媒介契約」を結びます。
媒介契約とは、不動産の売却をサポートしてもらうための契約のこと。

媒介契約には、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

「専任媒介」と「専属専任媒介」は1社だけと契約するもので、手厚いサポートが受けられます。
「一般媒介」は複数の会社と契約でき、競い合って売ってもらえるので、人気エリアの築年数の浅い物件などにおすすめです。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った契約を選びましょう。
媒介契約を結ぶところまでたどり着けば、あとは不動産会社からのアドバイスに従って売却を進めればいいので一安心です。

媒介契約について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

3つの媒介契約のメリット、デメリット。自分に有利な契約はどれ?

3. 無料で家の査定を受けるときの3つの攻略ポイント

不動産査定の本当の目的は、売却を成功させること。

査定を受ければ終わりではないので、次を見越した行動が必要です。

査定の依頼はちょっとした注意を払うことで、トラブルを避け、大切な家を早く高く売却できるようになります。
そこで、家の査定を依頼する前に知っておきたいポイントについて解説します。

3-1. 【ポイント1】必要書類を準備しよう

書類の準備は早めにしておくと良いでしょう。

なにも書類がなくても査定を受けることはできますが、アピールポイントが書かれている場合もあるので正確な査定につながります。

また、書類が揃っていると査定後の流れがスムーズになります。

(1) 査定までに準備しておきたい書類

  • 住宅ローンの残高がわかる書類
  • リフォーム、修繕、耐震補強の内容がわかる書類

(2) 不動産会社と媒介契約を結ぶまでに準備したい書類

  • 間取り図
  • 権利証または登記識別情報通知書
  • 固定資産税納税通知書
  • 建築確認済証、検査済証
  • 実測図、境界確認に関する書類(一戸建ての場合)
  • 分譲時のパンフレット(マンションの場合)
  • 管理規約、管理費・修繕積立金が確認できる書類(マンションの場合)

住宅ローンは、売却時に残債を全額一括返済することになります。
査定を依頼するときには、正確な数字を把握しておきましょう。

なお、査定前にあわてて掃除したり、リフォームする必要はありません。
不動産会社は家そのものの傷み具合などを見るので、少し掃除したぐらいでは査定額に影響はありません。

ただし購入希望者が内覧に訪れるまでには、しっかり掃除しておく必要があります。
また、リフォームしたほうが有利かどうかは、不動産会社に相談してから判断するのがおすすめです。

3-2. 【ポイント2】プラス面もマイナス面も伝えよう

あなたの家を一番よく知っているのは、売主であるあなたです。

売却を検討するに至った経緯や、住み心地など、家のプラス面もマイナス面もすべて担当者に伝えましょう。
リフォームや修繕履歴、耐震補強工事などが、査定額アップに繋がるかもしれません。

そしてマイナス面も包み隠さず伝えることで、後々のトラブルを回避できます
雨漏り、シロアリ被害、壁や床の大きな傷、設備の故障、漏水などがあれば、しっかり伝えてください。

売主には「瑕疵担保責任」があるので、通常の注意力を払っても発見できないような欠点が後から発見された場合には責任を取る必要があります。

「瑕疵担保責任」を負う期間は通常、3ヶ月程度で契約しますが、売主が知っている欠点を隠して売った場合には免責期間を過ぎていても責任を問われてしまいます。

3-3. 【ポイント3】不動産会社を比較してメモしよう

査定額を聞いたら満足して油断してしまう方も多いですが、査定を受けたあとは不動産会社を選ばなければならないので、そのつもりで査定を受けてください。

複数の不動産会社と電話で話したり、訪問を受けたりするうちに意外と記憶が曖昧になります。
不動産会社を「比較する」ことを意識して、しっかりメモをとりましょう。

比較するポイントは次のとおりです。

(1) 査定の根拠をわかりやすく説明してくれたか

訪問査定をして金額を提示したからには、その根拠が明確になっているはずです。
説明が納得いかなかったり曖昧だった場合は、その会社での売却は避けたほうが良いかもしれません。

(2) 売却活動の内容を明確に説明してくれたか

広告の掲載サイトや、チラシの配布エリアについて聞いてみてください。
少しでも高く売るためのアドバイスを受けることが出来たか、充実した売却活動をしてもらえそうな印象か比較しましょう。

(3) 仲介実績は豊富か

周辺エリアでの過去2年くらいの仲介実績について質問してみましょう。
地域の相場に精通し、魅力的な広告を作成してもらえるかどうかが結果に影響します。

(4) 担当者に知識と熱意があるか

担当者の専門知識は十分で、こちらの希望をしっかり聞いてくれるでしょうか。

話しにくかったり、やる気が無いと感じるなら、その会社はやめたほうが良いでしょう。
「この人なら信頼できる」と感じるかどうか、最終的には自分の感覚を信じてください。

提示された査定額と、上記のポイントをじっくり比較して、頼りになる不動産会社を選びましょう。

まとめ

それではおさらいです。

不動産会社の査定を受けるのは無料です。無料だから気軽に受けるのではなく、無料だからこそ、きちんと不動産査定を理解して正しく受けることが大切だということがおわかりいただけたでしょうか。

不動産会社によって査定額には差が出るので、複数の会社の査定結果をしっかり比べることが重要です。

不動産売却 HOME4U」の一括査定サービスを利用すると、基本情報を入力するだけで最適な複数の会社を選ぶことができ、まとめて査定依頼できます。

査定を受けるときには、「必要書類の準備」「プラス面もマイナス面も伝える」「不動産会社を比較してメモする」ことを心掛けてください。
査定結果が出たら、じっくり比較して不動産会社を選び、媒介契約を結びましょう。

HOME4Uを賢く利用して信頼できる不動産会社を見つけ、家の売却を成功させてくださいね。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定