築30年の一戸建ての売却相場は?売却を成功させるポイントも解説

築30年 一戸建て 売却 相場

築30年の一戸建てを売却したいけれど、「築年数が経過しているから売れないのではないか」と不安な方も少なくないはずです。

築30年の一戸建ては耐用年数が過ぎていることもあり、建物の価値はないものとして査定されます。

ただし、土地の価値や建物の状態によっては需要があるため、売却は可能です。

この記事では、築30年の家の売却相場と、売却を成功させるためにおさえておくべきコツについて解説しています。

家を売ることが決まっていて、不動産会社に相談したい方は、「不動産売却 HOME4U」を使って一括査定を申し込んでみることをおすすめします。
一度の申し込みで複数の不動産会社に査定依頼ができるので、カンタンに価格の比較が可能です。
以下より売却する家の地域を選択して申し込みができます。

カンタン1分入力
あなたの 不動産 いくらで売れる?
STEP1
STEP2

1.築30年の一戸建てはほぼ価値がなくなる

築30年の一戸建てはほぼ価値がなくなる

国土交通省が公表しているグラフに記載されている「財団法人不動産流通近代文化センターのマニュアルに基づく試算」のデータを見ると、築20年を過ぎたあたりから、木造戸建住宅の建物の価値はほとんどないことが分かります。

築年数と資産価値の推移

出典:中古住宅流通、リフォーム市場の現状|国土交通省

一戸建ての建物の価値は、築10年までに約50%下がります。そして築15年ごろまでは毎年5%ほど下がり続け、築20年を過ぎたあたりから価値がほとんどない状態となります。

建物に価値がないと判断される理由としては、購入需要が少ないことと、住宅の耐用年数が大きく関係しています。

一戸建て住宅は、ほとんどが木造で建てられています。木造の耐用年数は22年なので、築30年の家は耐用年数を超過していることから、購入需要が下がる傾向にあります。

耐用年数が過ぎていても、建物の状態に問題がなければ住み続けることはできますが、状態を維持するためのコストがかかることや、購入してからの居住可能な年数を考えると、建物に資産価値を持たせるのは難しいです。

2.築30年の一戸建てを売却する方法

築30年の一戸建てを売却する方法

築30年の一戸建てを売却する方法は、以下の5つがあります。

  • 古家付き土地として売却する
  • 家を解体し更地にしてから売却する
  • リノベーションから売却する
  • 買取で売却する
  • 空き家バンクを利用する

それぞれの特徴や違いについて、詳しく解説します。

2‐1.古家付き土地として売却する

築30年の家を売る方法として一般的なのは、古家付き土地として売却する方法です。

古家付き土地とは、資産価値のない建物を残したままの土地のことです。

古家付き土地のメリットは、売主にかかる負担を軽減できることです。 建物を残した状態で売却するので、解体にかかる手間や費用をかけずに済みます。

特に、築30年であれば建物の価値はなくても、「比較的家の状態は良く住む分には問題ない」というケースも珍しくありません。

「一戸建てを安く購入したい」という層からの需要も見込めるため、解体せずに売りに出すことで、買い手が見つかる可能性があります。

2‐2.家を解体し更地にしてから売却する

物件の劣化や損傷が激しい場合は、解体して更地にしてから売却することをおすすめします。

更地にしてから売りに出すメリットは、買い手を見つけやすくなることです。

築30年の家は、建物の価値がほとんどないこともあり、買い手を見つけるのが築浅物件と比較して難しいです。ですが、更地にすることで「新しく家を建てたい」と考えている買い手を見つけられるため、売却につながりやすくなります。

対して、更地にするデメリットは解体費用がかかることです。

木造一戸建ての場合、建物の解体費用は1坪3万〜5万円ほどの費用がかかります。坪数や建物の状態によっては、解体せずにそのまま売りに出した方がよい場合もあります。

築30年であっても、物件の状態が良ければ買い手が見つかることもありますので、更地にするかどうかはご自身で判断せずに、不動産会社と相談して決めましょう。

2‐3.リフォームしてから売却する

リフォームをしてから売却することで、建物にも価値がでることもあります。

また、同じ築30年の競合物件と比較して物件の状態が良いと、買い手も見つけやすくなります。

ただし、リフォームしてから売る場合は、リフォームの内容や費用に注意しましょう。

築30年を過ぎた一戸建てを探している方の中には、リフォーム済みの中古物件ではなく「家を安く買って自分好みにリフォームしたい」という層もいます。売主の感覚でリフォームをすることで、かえって家が売れなくなってしまうことがあります。

また、リフォームするとなれば費用もかかるため、その分を上乗せして売り出し価格を設定しなければなりません。

古い家は「安く買いたい」と考えている方からの需要が高いため、価格が上がれば売却の難易度も上がります。

結果的に売れなかったり、値下げして売らなければならなくなり損をしたりするなどのリスクもありますので、リフォームしてから売るかどうかは、事前に不動産会社に相談してから決めましょう。

2‐4.買取で売却する

仲介ではなく、不動産会社に直接売却する不動産買取という方法もあります。

不動産買取は、不動産会社が物件を買い取った後、自社でリフォームやリノベーションし、市場価値を高めてから売りに出し利益を得る仕組みです。

築30年の家は、買い手を見つけるまでに時間がかかることも想定されます。

不動産買取であれば、買い手が不動産会社なので、内覧なども必要なく、短い期間で売却することができます。また、仲介手数料もかからないので「費用をおさえたい」という方に向いています。

ただし、買取で売却する場合は仲介での売却と比較して相場の7割程度の価格になってしまう点に注意してください。

2‐5.空き家バンクを利用する

空き家バンクは、空き家を売りたい人と買いたい人をマッチングするサービスです。

ご自身が所有する空き家を無料で掲載することができるので、費用をかけずに買い手を探すことができます。また、買い手側も空き家を探している人が利用するサービスなので、買い手をみつけやすいのも特徴です。

ただし、空き家バンクは全国の自治体全てにあるわけではないので、事前に確認しましょう。空き家バンクの詳細は、国土交通省のホームページから確認できます。

3.築30年の一戸建て売却を成功させるポイント

築30年の一戸建て売却を成功させるポイント

築30年の一戸建ての売却はかんたんではありません。売却を成功させるためには、以下のポイントをおさえておくことが大事です。

  • 事前に相場を確認しておく
  • ホームインスペクションを実施する
  • 家財は撤去した状態で売る
  • 一戸建ての販売実績が豊富な不動産会社を見つける

それぞれのポイントについて解説します。

3‐1.事前に相場を確認しておく

不動産会社に査定を依頼する前に、自分で相場を調べましょう。

所有する物件が「どれくらいで売れるのか」を事前に把握しておくことで、適正な売り出し価格を設定することに役立ちます。

また、不動産会社の査定は、それぞれの会社によって独自の査定基準を設けているため、全て同じ提示額とは限りません。

事前に相場を確認していれば、提示された査定額が妥当かどうかを判断できます。

相場は次の2つの方法で調べることができます。

  • レインズマーケットインフォメーション
  • 土地総合情報システム

レインズマーケットインフォメーションは、不動産流通機構が運営するサービスです。

レインズ・マーケット・インフォメーション

出典:レインズマーケットインフォメーション

過去に売買された一戸建てとマンションの価格や面積、築年数などあらゆる情報が公開されています。これらの情報を元に、売りたい物件の売却価格を算出する事ができます。

また、不動産市場の動きが分かるグラフも過去2年間のデータであれば閲覧できるので、物件の価格推移を知りたい時にも活用できます。

対して土地総合情報システムは、過去に不動産売買の経験のある人を対象としたアンケート結果を元に、不動産価格に関するあらゆる情報を公開しているサイトです。

土地総合情報システム

出典:土地総合情報システム

実際に成約された価格を知ることができるので、情報の精度は高いです。かんたんな情報を入力するだけで相場を調べることができるので、ぜひご活用ください。

3‐2.ホームインスペクションを実施する

築30年が過ぎた一戸建てを売却するなら、ホームインスペクションを実施しましょう。

ホームインスペクション(住宅診断)とは、売却前に物件の状態や改善点などを見極めるための調査です。国が定める調査基準に従い、インスペクションの専門家が物件を細かく確認します。

インスペクションが終了していることで、買い手も安心して購入を検討できますし、売主に対する信頼にも繋がります。

費用や調査する時間はかかりますが、売却が上手くいく可能性を高くするためにも、取り入れることをおすすめします。

3‐3.家財は撤去した状態で売る

築30年の家を売却する際は、家財を撤去した状態で売りましょう。

家財が残ったままだと、不動産会社が取り扱ってくれない場合が多いです。

また、解体工事業者も家庭内で出る廃棄物については処分できないため、解体工事そのものを請け負えない可能性があります。

古家付き土地でも更地にしてから売る場合も、家財は必ず撤去してから売りに出すようにしてください。

3‐4.一戸建ての販売実績が豊富な不動産会社を見つける

一戸建て売却が上手くいくかどうかは、不動産会社選びも大きく影響します。

不動産会社によって、売却実績や知名度はもちろん、得意分野は異なります。築30年の一戸建て売却を検討しているなら、一戸建ての中でも古い家の売却が得意な不動産会社を探しましょう。

不動産会社の売却実績や特徴などは、ホームページに掲載されていることが多いので、目を通すようにしましょう。
中古物件の売却が得意な不動産会社は数多く存在しますので、家の売却が初めての方は不動産会社選びに苦労するはずです。

そこでおすすめしたいのが、「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」の一括査定サイトです。

不動産売却HOME4U

不動産売却 HOME4U」は、NTTデータグループが運営しており、厳選された1,800社もの優良不動産会社が登録されています。

売却予定の住宅の所在地や土地の大きさなど、簡単な質問内容を入力することで、最大6社までの適切な不動産会社を提案してくれます。

また、国内最大の不動産一括査定サイトとして、20年間で今までに45万件以上の売却査定をしてきた実績があります。

自身では探すのが難しい中古物件の売却に強い不動産会社を、入力情報をもとに「不動産売却 HOME4U」が提案します。

ぜひこの機会に「不動産売却 HOME4U」の一括査定サービスを活用してみてください。

4.築30年の一戸建てを売却する際の注意点

築30年の一戸建てを売却する際の注意点

築30年の一戸建てを売る際は、以下の3点に注意してください。

  • 契約不適合の内容に問題がないか確認する
  • 土地の境界線が明確になっているか確認する
  • 更地で売る場合は固定資産税のタイミングに注意する

それぞれどのような点に注意すべきか、解説します。

4‐1.契約不適合の内容に問題がないか確認する

物件を引き渡し前に、契約不適合責任の内容を必ず確認してください。

契約不適合責任とは、 物件を引き渡した後に不具合が見つかった場合、売主が契約時に伝えていなかった内容であれば、買主から売主に対して損害賠償請求できる権利のことを言います。

築年数が古い家の売却で多いのが、シロアリなどの問題です。引き渡し後に見つかることは珍しくないため、契約書に記載がなければ売主が責任を問われることになります。

このような問題が起こった場合に契約不適合責任を負わないためにも、契約書に記載し相互認識を持っておく事が大事です。

4‐2.土地の境界線が明確になっているか確認する

一戸建てを売却する際は、土地の境界線が明確になっているかを確認しましょう。

特に、古い家は土地の価値で査定されるので、価格を算出するにあたって土地の面積はとても重要です。

生活する上では境界線が曖昧でも支障がないため、いざ売却するとなった際に始めて境界線が明確になっていないことを知るケースも多いです。

境界線が曖昧な場合は、測量を行い確定させなければなりませんので、売却を検討しているのであれば余裕をもって調査を依頼しましょう。

4‐3.更地で売る場合は固定資産税のタイミングに注意する

古い家を更地にしてから売るなら、固定資産税が上がるタイミングに注意してください。

更地にすると、住宅用地の軽減措置が適用外となるため、固定資産税が最大で6倍まで増えます。

固定資産税は1月1日時点での状態で決まります。

1月1日時点で空き家であれば、住宅用地の軽減措置が適用となるので、1月1日直後に更地にして売却活動を開始しましょう。

この記事のポイント

築30年の一戸建ての価値は?

築30年の一戸建ては、建物の価値がほとんどないものとみなされます。

詳しくは「1.築30年の一戸建てはほぼ価値がなくなる」ご確認ください。

築30年の一戸建てを売却する方法は?

築30年の一戸建てを売却する方法は以下の通りです。

  • 古家付き土地として売却する
  • 家を解体し更地にしてから売却する
  • リノベーションから売却する
  • 買取で売却する
  • 空き家バンクを利用する

詳しくは「2.築30年の一戸建てを売却する方法は?」をご確認ください。

築30年の一戸建て売却成功のポイントは

築30年の一戸建て売却を成功させるポイントは以下の通りです。

  • 事前に相場を確認しておく
  • ホームインスペクションを実施する
  • 家財は撤去した状態で売る
  • 一戸建ての販売実績が豊富な不動産会社を見つける

詳しくは「3.築30年の一戸建て売却を成功させるポイント」をご確認ください。