固定資産税評価額とその調べ方を教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
税金・お金の相談

マネ子先生の回答

固定資産税評価額とは、固定資産税を算出する際の基準となる価格のことデス!
この価格を調べるには、

  1. 4月頃に送られてくる固定資産税の課税明細書を確認する
  2. 固定資産評価証明書を入手する
  3. 固定資産課税台帳の縦覧、閲覧を利用する

という3つの方法がありマス。

詳しい解説

固定資産税評価額とは、固定資産税を算出する際に基準としている価格のことで、市町村(東京23区の場合は東京都)が決定、公表しています。この評価額は、都市計画税や不動産取得税、登録免許税などを算出する際の基準にもなっています。また、3年に1度評価替えを行っているのですが、最近では2015年(平成27年)に行われました。

この調べ方には、次の3つの方法があります。

4月頃に送られてくる固定資産税の課税明細書を確認する

毎年4月頃になると市町村(東京23区は東京都)から固定資産税の納税通知書が送られてきますが、それと一緒に送られてくる課税明細書の「価格」もしくは「評価額」という欄に記載されています。また、各市町村のホームページで納税通知書などの見方を掲載しているところもありますので、お住まいの市町村のサイトで確認してみましょう。

固定資産評価証明書を入手する

所有する土地や家屋を管轄する各市町村の役所や都税事務所などで入手できます。入手できる人は、土地や家屋の所有者と同居の家族、相続人、借地人、借家人、代理人などです。また、この書類は、相続や贈与、売買などで登記を行う際に必要となります。

固定資産課税台帳の縦覧、閲覧を利用する

各市町村では、所有する土地や家屋の所在地、所有者、評価額などが記載された固定資産課税台帳を閲覧することができます。また、毎年4月頃の一定期間に限り、自分が所有する土地や家屋と、他の方の土地や家屋とを比較できる縦覧制度もあります。縦覧は無料ですが、縦覧期間以外の閲覧には手数料がかかります。

固定資産税評価額の調べ方をお伝えしました。自分が所有する不動産の場合は、4月頃に送られてくる納税通知書と課税明細書を保管しておくと、一番楽ですね。
また、固定資産税については、「固定資産税・都市計画税家~土地など不動産を所有しているとかかる税金~」のページで詳しく解説していますので、こちらもあわせて参考にしてください。

不動産売却HOME4U所有する土地や家の売却をお考えのときは、HOME4Uの一括査定依頼サービスをご利用ください。不動産は法令などにまつわる問題が多いため、プロの不動産会社に相談するのがいちばんです。HOME4Uでは最大6社に査定を依頼できるので、複数の会社を比較することができます。ご相談したいことがある際は、ぜひご利用ください。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが17年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,000社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます