土地を子どもに譲渡するか、売却するか、どっちがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
相続に関する相談

そう蔵先生の回答

土地を子どもに譲渡すると贈与税がかかり、売却すると所得税を納めなければいけない場合があるんですゾウ~。また、そのまま所有していると、将来、相続問題が発生するかもしれません。そこで、所有する土地を利用する予定がないのであれば、税金や相続について調べて、どちらの場合が金銭的に有利なのか考えてみるとよいでしょう。その際、重要なポイントとなるのは、その土地の価格なんだゾウ~。

詳しい解説

持っている土地を子どもに譲渡するべきか、それとも売却するべきか、処分方法でお悩みなのですね。今後、そこに家を建てるなど利用する予定がなく、将来、相続の対象になるだけならば、金銭的に有利な方法を選ぶのも、ひとつの考え方です。

では、譲渡と売却にかかるお金について説明しましょう。

子どもに譲渡する場合

土地を子どもに譲ると、贈与税がかかります。通常の贈与の場合、税金のかからない基礎控除額は年間で110万円のみ。相続の場合の基礎控除額は、3,000万円+600万円×法定相続人の数(※2015年(平成27年)1月1日以降の相続の場合)。相続税よりも贈与税のほうが高くなりそうですね。

ただ、子どもが20歳以上で、親の年齢が60歳以上なら、「相続時精算課税制度」が利用できます。この場合、譲渡価格の2,500万円までは贈与税が非課税になり、非課税分を越した場合は、一律20%の贈与税がかかります。そして、親が亡くなったときに、譲った土地は相続財産として相続税を計算、すでに納めている贈与税分が相続税から控除されるという制度です。要するに、税金を支払う時期が相続時まで繰り延べられるということで、税金が不要になるわけではありません。

また、子どもに土地を譲渡して名義変更をする際、登録免許税と不動産取得税を支払う必要があることも覚えておきましょう。

売却する場合

売却して売却益が出た場合は、譲渡所得を得たことになって、所得税を納めなければなりません。また、その土地を購入した価格よりも安く売れた場合は、納税は不要です。とはいえ、そのまま持っていた場合、ある問題が起こる可能性があります。それは相続問題です。土地は分割するのが難しいですよね。もし、子どもに兄弟姉妹がいる場合、遺産分割協議でもめる可能性があります。そこで、土地を利用する予定がないのであれば、売却して現金化したほうが、相続時のもめ事を避けることができます。

不動産売却HOME4U

土地を子どもに譲渡するか、それとも売却するか、どちらか金銭的に有利な方法を調べるためには、まずいくらになるのかを査定してもらうとよいでしょう。査定は、無料で一括査定ができるHOME4Uが便利です。その際、査定を依頼する不動産会社に、土地を売却した場合と子どもに譲渡した場合でかかるお金について相談してみるとよいでしょう。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定