相続した土地を妹と折半したいが、贈与税はかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
相続に関する相談

そう蔵先生の回答

相続がすでに完了している場合は、自分の財産を渡すことになるので、基礎控除額の110万円を超える部分には贈与税がかかるんですゾウ。まだ終わっていない場合は、「換価分割」という方法で相続する土地を換金して折半すれば、贈与税はかからないのですゾウ~。

詳しい解説

親が亡くなった後、妹さんと遺産分割協議を行い、相続の手続きなどが完全に終了している場合は、自分の財産の一部を妹さんへ渡すことになるので、贈与となります。ただし、年間110万円の基礎控除が認められているので、実際に贈与税がかかるのは、110万円を超えた分となります。

相続がまだ終わっていなくて、これから遺産分割協議をするのであれば、「換価分割」という方法を利用して、土地を現金化してから折半すれば、贈与税はかかりません。「換価分割」とは、遺産をすべて換金して、現金で分割する方法のこと。今回の場合は、土地の相続登記をして、自分の名義に変更します。その後売却して、譲渡所得税がかかる場合は売却代金から清算します。すべての手続きを終え、手元に残ったお金を妹さんと折半すれば、贈与税はかかりません。

「換価分割」や「遺産分割協議」について、詳しくはこちら

遺産分割では、換金せずに土地の持ち分を分割する「共有物分割」という方法もあります。ただし、持ち分を折半した場合、いずれ売却する際に意見が一致しなければトラブルになることもありますので、注意が必要です。

相続した不動産の売却手続きについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

土地を売却するときは、仲介してくれる不動産会社を探す必要があります。その際は、HOME4Uの一括査定サービスを利用するとよいでしょう。売却だけでなく、相続や贈与などについても相談することができます。手続きを滞りなく完了させるには、信頼できる不動産会社の選び方も大切です。HOME4Uでは最大6社に査定を依頼することができるので、できるだけ多くの不動産会社とコンタクトを取り、比較されることをおすすめします。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定