住み替えたい。売却が先?新居購入が先?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
住み替えに関する相談

角かえる先生の回答

住み替えの場合は、売却と購入のタイミングが需要なポイントや。どっちを先行するんにしても、メリットとデメリットがあるさかいに、その特徴を押さえておくことが大切やね。そのうえで、資金状況にあわせてどちらを先に行うんかを決めるとええんやで。

詳しい解説

売却が先か、購入が先かを決める前に、それぞれのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

売却先行(売り先行)の場合

メリット
  • 新居の購入資金を確保できるので、計画が立てやすい
  • 売却代金は、これまで住んでいた家の住宅ローンの返済に充てることができる
  • 売り急ぐ必要がないので、余裕を持って買主と交渉できる
デメリット
  • 購入物件が見つからない、新居が完成しない場合は、賃貸の仮住まいが必要
  • 場合によっては、二度の引っ越し費用を工面しなければならない

購入先行(買い先行)の場合

メリット
  • じっくりと新居を探すことができる
  • 仮住まいの心配がない
  • 内覧時は空き家になるので、気持ち的に余裕が持てる
デメリット
  • 売却を早めようとして、希望よりも売値を下げ過ぎてしまうかもしれない
  • 場合によっては、住宅ローンを二重に返済しなければいけなくなる

住み替えのタイミングは、それぞれのメリットとデメリットを確認したうえで、自分の資金状況を照らし合わせて考えてみるとよいでしょう。おおまかな考え方は、次の通りです。

手持ち資金に余裕がある場合は、“購入先行”

住んでいた家と新しく購入する家のローンが重なっても、難なく返済できるのなら、購入先行でも大丈夫でしょう。仮住まいの心配がいらないので、引っ越しも一度で済みます。

すでに欲しい物件がある場合は、同時進行

この場合は、売却と購入を同時に進めます。ただし、売却が完了するまでは、これまでの家と新居の住宅ローンが重複することになります。返済が滞らないように、事前に資金計画をしっかりと立てておきましょう。

しっかりと資金計画を立てたい場合は、“売却先行”

新居の購入資金を先に得ておくのは、堅実な方法です。

  • 売却代金を住宅ローンの返済に充てて、残ったお金を新居の頭金にする
  • ローン返済に足りない分は手持ちのお金を使い、頭金を貯めてから新居を購入する

などのように、売却を進めながら、いろいろなパターンを想定して、資金計画を立ててみましょう。ただし、意外と早く売却が完了した場合、仮住まいの費用(家賃、引っ越し代など)が別途必要になりますので、ご注意くださいね。

住み替えの成功のための資金計画について、もっとく詳しく知りたい方はこちら

不動産売却HOME4Uどちらを先に選ぶ場合でも、確実に売却を完了させなければなりません。そのためには、信頼できる不動産会社の助けが必要です。HOME4Uの一括無料査定サービスを利用すれば、手間なく自分にあった会社を選ぶことができます。さまざまな会社が候補として出てくるので、複数の会社とコンタクトを取ってみて、信頼できる会社を見つけてください。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定