すでに仲介を依頼中の物件、他の不動産会社にも頼んでいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
売却全般の相談

ウリタイガー先生の回答

物件の仲介を依頼している不動産会社と「一般媒介契約」を結んでいる場合は、複数の会社に頼むことが可能なので、お目当ての不動産会社があるのなら、依頼することができますよ!

詳しい解説

すでに物件の仲介を依頼中の不動産会社と「一般媒介契約」を結んでいるのなら、他の会社にも仲介を依頼することができます。ちなみに、専属専任媒介、専任媒介の場合は、1社のみしか依頼することができず、他業者と成約した場合は、違約金を支払わなければなりません。

一般媒介のメリットは、複数の会社に仲介を依頼することができる点です。売却の窓口を複数つくることができ、物件情報を広く分散させることができるので、購入者の幅が広がります。しかし、売買契約に向けて意欲的に販売活動を行う専属専任や専任とは違って、一般媒介は不動産会社が力を入れて販売活動をしてくれない可能性がある点はデメリットになるでしょう。物件が人気のエリアや有名なマンション、駅近など条件がよい場合は購入希望者が多いため、一般媒介が適しているといえます。

3つの媒介契約のメリット・デメリット、詳しくはこちら

専属専任媒介や、専任媒介は、契約の有効期限が3カ月以内と決められています。一般媒介の場合は契約期間に法令上の制限はありませんが、行政指導では3カ月以内となっています。そのため、通常は一般媒介でも契約の有効期限が3カ月以内となることが多いでしょう。そこで、もしも3カ月以内で物件が売れない場合は、契約方法の見直しを検討するとよいでしょう。そうすれば、物件の販売活動ができるのは1社のみとなり販売窓口は限られますが、不動産会社は特に力を入れて販売活動をしてくれます。また、一般媒介では、国土交通大臣指定の不動産流通機構「レインズ」という不動産情報ネットワークへの登録が任意ですが、専属専任媒介、専任媒介では必ず登録されるため、物件を見てもらうチャンスがさらに広がることになります。

不動産売却HOME4U一般媒介契約なら複数の不動産会社に物件の仲介を頼めるので、いくつかの会社に依頼をしてみてはいかがでしょうか。とはいえ、売却を成功させるためには、依頼する不動産会社選びが大事です。会社選びには、最大6社に査定を依頼できるHOME4Uの一括査定サービスを活用するとよいでしょう。売却成功のコツは、信頼できる不動産会社を選ぶことです。そのためにも、複数の会社に査定を依頼してコンタクトを取り比較して、依頼先を選びましょう。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定