住宅ローンを滞納すると家はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
税金・お金の相談

マネ子先生の回答

住宅ローンを滞納してそのまま放置していると、家は競売にかけられて、最終的には強制退去しなければいけなくなるのヨ。ローンの返済が滞ったら、金融機関にリスケジュールを相談し、それでも無理だと判断したら、できるだけ早く不動産会社に任意売却の相談をすることをおすすめするワ。

詳しい解説

「返済は大丈夫」と判断した上で組んだ住宅ローンも、思いもよらない収入の減少などで、返済が滞るケースがあります。住宅ローンを組むということは、金融機関とのあいだで毎月決まった金額を返済するという契約を結ぶことです。それにもかかわらず、住宅ローンを滞納しそのまま放置すると、契約違反となります。債権者(お金を貸している金融機関)は、債務者(お金を借りている人)が返済できないと判断すると、残債を回収するために家を競売にかけます。競売にかけられた家に住んでいる人は強制退去となり、家を失うことになります。そうなると、もう取り返しがつきません。

ローンを滞納してから競売にかけられるまでの流れは、次の通りです。

1.金融機関から督促状が届く2.金融機関から催告書が届く3.滞納してから3~6カ月で、金融機関から「期限の利益の損失」という通知が届く4.金融機関はローン保証会社に代位弁済を要求する。債務者はローン保証会社から一括返済を要求される 5.ローン保証会社が競売の申し立てを行う 6.裁判所から競売開始の決定通知が届き、家は差押となる 7.裁判所の執行官による現地調査が行われる 8.競売の入札期間の通知が届く。開札期日も明記される 9.競売入札の開始 10.開札

競売開始の通知が届いても、開札の前日までは競売の取り下げができます。つまり、競売が決定しても、「10.開札」の前日までは、任意売却で対処することができるのです。

また、競売で落札される価格は、一般の売却よりも2~3割程度低い価格になることが多くなりますが、任意売却では市場価格に近い価格での売却が可能です。そのため、ローンの返済が滞ったら、任意売却を検討するとよいでしょう。

ただし、任意売却の手続きは、「10.開札」の前日までに完了させておく必要があります。競売決定から開札までは十分な期間がありませんので、ローンを滞納することになったら、できるだけ早く不動産会社に任意売却の相談をしましょう。

住宅ローンの問題は、競売によって家を失い取り返しがつかなくなる前に、手を打つことが大事です。住宅ローンを滞納して放置せずに、早めに金融機関へローンのリスケジュールを相談しましょう。それでも返済が滞りそうな場合は、任意売却を検討されることをおすすめします。

関連記事「任意売却とは?~競売との違い~」はこちら

関連記事「任意売却すると住宅ローンはなくなるの?」はこちら

不動産売却HOME4UHOME4Uに参画する多くの不動産会社では、任意売却の相談が可能です。最大6社に一括査定を依頼できるので、複数の不動産会社に査定を依頼してコンタクトを取り、早めに任意売却の相談をしましょう。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で複数社から査定価格をお取り寄せ

「不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない。」

でしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。
不動産売却塾を運営している「HOME4U(ホームフォーユー)」は、NTTデータグループが18年以上運営している、複数の不動産会社に無料でまとめて査定を依頼できるサービスです。

他にはない、この顔ぶれ。大手も中小も全国から1,300社以上を厳選!

提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみ。安心して査定をご依頼ください。

▼カンタン1分入力  査定の依頼はここから!▼

SNSでもご購読できます

あなたの不動産、いくらで売れる?
最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!

HOME4Uで
無料一括査定