不動産売却の流れ4. 不動産会社を選んで媒介契約を結ぶ

4-1. 不動産会社の選び方

あなた不動産いくら売れる
カンタン1分入力
無料一括査定こちら
4-1. 不動産会社の選び方

不動産の売却は個人での売買も可能ですが、買主を探し出したり、専門的な法律知識が必要な売買契約を締結することは個人ではかなり困難でしょう。
マンションや一戸建て、土地などの不動産売却は、プロの不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

そして、その仲介を「どの不動産会社に依頼するか」 という選択は、不動産売却の一連の流れで最も重要です。

不動産会社選びに失敗すると、売却までに相当な時間がかかったり、最悪の場合、市場価格よりも安く売ってしまい、お客さまは損をしてしまうことになります。

大切な資産の売却です。信頼できる不動産会社を見つけましょう。

この記事では、良い不動産会社の見極めるために絶対にチェックしてほしい4つのポイントをご紹介します。
不動産売却で絶対に後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

売却で不動産会社を選ぶときの4つのポイント

【ポイント1】自分の物件を得意とする不動産会社か?

不動産会社には、会社によって得意分野があるのをご存知でしょうか。

よく言われるのが、以下のような違いです。

  • 賃貸業と仲介業など専門業の違い
  • 取り扱い物件種別の得意、不得意(例えばマンションだけはずば抜けて得意!など)
  • エリアや沿線によっての強み(例えば、○○沿線に特化している!など)

しかし、不動産屋さんは看板に得意分野を掲げているわけではないので、判別は難しいですよね。
得意分野を見極めるには、

  • お客さまと近い物件(エリアと物件種別)の過去の取引実績数
  • 査定価格の根拠
  • 売れるまでの期間の目安

を、いくつかの不動産会社に質問して比較するとよいでしょう。

取引実績数が豊富であればあるほど、その地域と物件の"売り方"に慣れているという証であるため、多いほどよいといえます。

査定価格は、その地域に精通していればいるほど、しっかりとした根拠を丁寧に説明してくれるでしょう。

売却までの期間については、根拠もなしに「○ヶ月間」と言い切る会社は逆に怪しいかもしれません。 「過去実績では、○ヶ月間が平均的」「今の市況を踏まえると、○ヶ月くらいで売れる可能性がある」など、根拠も合わせて説明があり、「可能性」として説明してくれる会社の方が誠実であるといえます。

大切なのは、複数の不動産会社を比較して、お客さまの物件を得意とする不動産会社を見つけることです。
得意分野を見極めることで、不動産が高く早く売れる可能性が格段と高まるでしょう。

【ポイント2】どんな広告手法で不動産を売るのか?

不動産会社によって、広告手法はさまざまです。
契約する前に、どんな広告や手法で買い手を探すのか確認してみましょう。

一般的には、以下のような方法があります。

  • 不動産情報サイト(インターネット広告)への掲載
  • 近隣地域でのチラシ広告
  • 不動産会社がすでに抱えている顧客への紹介
  • 不動産会社の自社サイトやネットワークでの広告展開
  • レインズへの登録

特に重要なのは、インターネット広告です。
今や8割強の人が、インターネットで購入物件を探している時代です。不動産を早く売るためには、物件情報が広く行き渡っていることが不可欠です。
どのようなインターネット広告サイトと提携しているか確認しましょう。

また、「レインズ」という聞きなれない言葉がでてきましたが、これは不動産会社同士が物件情報をやり取りするための、いわば業者間ネットワークです。
次のステップで紹介する「媒介契約」でどの契約を選ぶかによって、不動産会社がレインズへの登録義務があるか否かは変わります。ただし、すべての媒介契約において、登録しもらうことは可能です。
インターネット広告と同様に、お客さまの物件をいかに多くの人に見てもらうかで、早く売れる可能性が高まりますので、レインズの登録はしてもらった方がよいでしょう。

【ポイント3】見込み客をすでに抱えているか?

選んだ不動産会社がすでに抱えている顧客の中に、お客さまの持っている物件が欲しいという購入希望者がいれば、すぐに売ることができます。
どんぴしゃであなたの物件である必要はなく、同エリア内でお客さまの物件に近しい物件を探している顧客がいればよいのです。

不動産会社がすでに契約している顧客数や、買ってくれそうな人がいるかどうか、聞いてみましょう。
見込み客が多ければ多いほど、高く早く売れる可能性が高まります。

【ポイント4】売却以外の提案をしてくれる会社は信頼できる

売却のために不動産会社を探していたとしても、お客さまにとって売ることが最もよい資産活用方法であるか、一緒に考えてくれる不動産会社が理想的です。

例えば、築浅の利便性の良いマンションの場合は、賃貸物件として貸し出すという方法もあります。 資産活用の観点で、お客さまにとって最も良い方法を提案してくれる会社は、信頼がおける優秀な不動産会社です。

売却を検討していることは伝えながらも、他の活用方法があるかも聞いてみるとよいでしょう。

やっぱり大手が良い?中小企業の魅了とは!?

大手の不動産会社か、または中小企業や個人経営の不動産会社を選ぶかを悩むケースもあるかと思います。
それぞれにメリットがありますので、それを踏まえたうえで検討をしましょう。

大手不動産会社のメリット

  • 瑕疵保証サービスや買い替えの場合の住宅ローン優遇などのサービスが充実
  • 大手だからこその、幅広いネットワークで買い手を探し出してくれる

中小企業や個人経営不動産会社のメリット

  • 地域の情報に精通している
  • 地域に根付いているため、優良顧客との結びつきがある
  • 大手が扱わない地方や狭小物件なども対応してくれる場合がある

一概にどちらがよいとはいえません。
何よりも大切なのは、お客さまの事情を考慮したうえで最適な提案を行なってくれる会社であるかどうかです。

いくつかの不動産会社の話を聞いて、対応を比較してみましょう。

仲介業者を効率よく探せる一括査定サービス

数ある不動産会社の中から、お客さまの物件にマッチした会社を効率よく探せるのが、一括査定サービスです。
売りたい物件の情報を入力すると、その特徴に応じて最適な不動産会社が表示されます。
お客さまはその候補の会社から、良さそうな会社を選択するだけで複数の会社に査定依頼をすることができるのです。

そして、HOME4Uの一括査定サービスは、全国から優良な不動産会社のみを厳選しています。
厳しい審査を通り抜けた会社のみと提携しているので、安心して不動産会社をお選びください。

参考:HOME4Uが提携している不動産会社の一覧

不動産を高く早く売るには、不動産会社選びがもっとも大切です。
HOME4Uの一括査定サービスを活用して、まずは複数の不動産会社の比較から始めましょう。