不動産売却の流れ1. 不動産売却の事前準備

1-1. 不動産売却にかかる期間

あなた不動産いくら売れる
カンタン1分入力
無料一括査定こちら
1-1. 不動産売却にかかる期間

不動産を売りたいと思うきっかけは人それぞれです。

  • 住み替えのために今の家を売る
  • 相続した物件など、使わない不動産の処分
  • 住宅ローンの支払いが辛くて売却をする
  • 離婚や転勤などの事情で物件を売る

売却理由はさまざまですが、いずれにしても早く高く売れることにこしたことはありません。

不動産を売るには「仲介」と呼ばれる、不動産会社に買主を探してもらう方法が一般的です。
車やバイクなどは業者が買い取ってくれるため、すぐに現金が手に入りますが、仲介による不動産売却は買主が見つからなければ売れないのです。

もし、早急に現金が必要な場合は、期間を把握しておかなければその後の資金計画を立てることができません。
どのくらいの期間がかかるものなのか、事前に把握してスムーズな不動産売却を実現しましょう。

不動産売却にかかる期間

「売ろうかな?」と思ってから、すべてが完了するまでは通常3〜6ヶ月かかります。全体の流れとそれぞれの期間の目安は以下の図の通りです。

上記の期間はあくまで参考の期間です。

マンションは早い場合は2ヶ月間ですべてが完了するケースもあります。
また、一戸建てや土地は、隣地との境界線が曖昧な物件が多くあります。この場合は測量などを行い境界線を明確にしてから売り始める必要があるため、もっと時間がかかります。

そして、買主が見つからない時は、目安の期間より長引いてしまうケースがあります。

いずれにしても、不動産の売却には時間がかかるものだということを理解しておきましょう。

早く売るには、まずは行動を早くおこすこと。
そして、優秀な不動産会社と契約することです。

この記事以降では、不動産売却の流れに沿って高く早く売るためのコツをご紹介していきます。

住み替えの場合は、まずは買い替えのスケジュールを把握するために次の記事を参考にしてください。
買い替えではない方は、「不動産相場をじぶんで調べる方法」の記事から、不動産売却の全体的な流れとコツを参考にしてください。

なお、不動産を売るには「仲介」ではなく、不動産会社に「買取」をしてもらう方法もあります。
多少安く売れても早く売れる方がよければ、買取を検討しましょう。詳しくはこちらのページをご確認ください。